屋上への凹屋根

b0192460_16482097.jpg

天気が良くありませんが、コツコツと工事が行われ、屋根下地工事もほぼ完了です。

屋上へ行く場合は、ペントハウスの階段室を設けるのが一般的ですが、
このプロジェクトでは屋根を凹形状にくぼませ、そこから屋上へ屋根斜面の階段状のハシゴで登っていく造りにしています。
くぼんだところに面して開口部を設け、内部へ光と風を導くと同時に、内部からの開放感を演出しています。

写真は、屋根下地の鋼材が斜めに掛けられている様子です。
これから上に屋根材、下に天井材、その間に断熱材が取り付けられて行きます。
[PR]
by semahiro | 2010-09-24 17:00 | 設計者